VineLinux覚え書き

シャープのpc-pj2-s3にvinelinux3を入れた。

結構忘れる点 Vine3.0には、devel系があまり入っていない。と言うこと。 mrtgのインストールの際に、libpngが入っていたので、入っていると油断していたら、libpng-develが入ってないとコンパイルが通らなかったりした。webminのソフトウェアパッケージ管理などを使いながら、devel系が入っているかどうかを結構確認しないと、分からなかったりする。

ここに書いてますが、

 # apt-get script install-devel.lua

で開発用の*-develパッケージがズラズラと入りました。色々な物にdevelがあってびっくりします。

サーバの監視をする

mrtgを使ってサーバの監視をしてみよう。

hddの状態を監視する

pc-pj2-s3に昔使っていたibmのハードディスクを入れてみた。時々、IOerrorが出たので、hddの監視を行う。

hddの状態をmrtgに書き出す

上であげた監視から、hddの内部温度を計測するmrtgを作成する。しばらくログを取っているのが本当にこれで合っているか不明。

pukiwiki1.4.4を入れました

pukiwiki1.4からpukiwiki1.4.4に変更しました。pukiwiki1.4.4は

tar pzxf pukiwiki-1.4.4.tar.gz

とすれば、パーミッションも込みで変更してくれます。

tarを使ってバックアップする

tarコマンドを使ってバックアップする場合、除外したいファイル(たとえば、*~ *.bak)などを除外するには、 tarコマンドの"--exclude-from="オプションを使う まず、除外するファイルを書き込んだfoobar.excludeを作る(名前は何でもよい)。次に、foobar.excludeファイルに、除外したいファイル名やディレクトリ名を書き込んでおく

*~
*.bak

などを書き込んでおく。tarコマンドを実行するときに、先ほど作った"foobar.exclude"を指定する。

tar -pcz --exclude-from='foobar.exclude' -f hoge.tar.gz *

これでいけると思う。

wgetでDDNSのIP変更を通知する。

固定IPでは無いので、このようなスクリプトを書いてcronでまわす。

wget -O /dev/null http://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg?d=ドメイン名&p=パスワード&h=*&i=

emacs

文字コード変換

C-x [RET] f
euc-jp-unix,utf8-unixなど

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:23 (817d)