VineLinux覚え書き

シャープのpc-pj2-s3にvineLinux2.6r4を導入する。

pj2-s3のスペック
pj2-s3のベンチマーク
HDD交換このやり方でできました。ありがとう。

インストール

cd-romが付いていないので、ネットワークインストールを行う。 http://www.mm-labo.com/computer/linux/NetworkInstall.htmlの方法が確実だと思う。 自分のパーティション分けは,/boot 50mb /swap 128 / 6.4GBで行った。特に問題なく進む。 windows機を用いてAN-httpdを使ってhttpインストールもできる。その場合、an-httpdのドキュメントルートをe:\などのcd-romのドライブに設定する。
Xの設定も特にいじっていない。Xの設定には、#Xconfiguratorを使用する。

このノートは、最大が800x600なのとceleron 233MhzなのでXは使わないでおく。 その代わり、FB(フレームバッファ)の設定を行った。設定は
/etc/lilo.confにvga=0x313(800x600,32k)を追加し、#/sbin/liloを実行する。

backup

tar -zcv --exclude-from='hoge.exclude' -f hoge.tar.gz /hoge

 -fにはまって悩む。

home.exclude /home/*という感じ

Ctrl<->CAPSの入れ替え

/etc/sysconfig/keyboardでKEYTABLE="jp106"をKEYTABLE="jp106_Ctrl_CAPS"に変更

サービスの停止

chkcofig --list で自動しているサービスのチェック chkconfig サービス名 off でoffに出来る。

自動実行

crontab -e で自動実行するコマンドを追加できる。

*/1 * * * * コマンドで1分おきにコマンドを走らせることが出来る。

/var/log/cronにログが残る。

lftp コンソール用のftp

とりあえず使ってみる 最低限以下のコマンドを覚えておけば、とりあえずは使えます。 lftp> get filename

ファイルをリモートサーバからダウンロードします。複数ファイルを取得したい場合には、 ファイル名をならべて入力します。ワイルドカードは使えません。使いたい場合には、 mgetを使用します。

lftp> put filename ファイルをリモートサーバへアップロードします。複数ファイルアップロードしたい場合には、 ファイル名をならべて入力します。ワイルドカードは使えません。使いたい場合には、 mputを使用します。

lftp> cd remote directory

リモートサーバのカレントディレクトリを変更します。

lftp> lcd local directory

ローカルホストのカレントディレクトリを変更します

javaSDK導入

1 sunから、rpmをとってくる。 2 bin形式なので、chmod a+x で、その後、実行。 3 su -l 4 rpm -ivh javaSDK*.rpm 5 exit また、見た目が綺麗じゃないので、 ln -s /usr/local/java/j2sdk1.4.2_02 /usr/local/java/j2sdk としておきます。

■ 設定 □ PATH Javaコマンドが使えるようにPATHを設定します。 どのアカウントでも使えるように/etc/profileに通しておきます。 vi /etc/profile

# for Java export JAVA_HOME=/usr/local/java/j2sdk export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:$JAVA_HOME/lib/dt.jar export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin source /etc/profile か再ログインして有効にしときましょう。 効になっているか確認するには、 nv

CLASSPATH=.:/usr/java/j2sdk/lib/tools.jar:/usr/java/jdk/lib/dt.jar JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:省略:/usr/java/j2sdk/bin

の項目があればOK。

Streamsicle

お手持ちのmp3を、サーバー化して聞かせてくれるみたい。 http://streamsicle.com/からとってくる。 tar -zxvfにて解凍。Ver2.0より、設定フファイルが、 streamsicle/web/WEB-INF/conf/streamsicle.confに変わっていた。 streamsicle.playdirを、自分のmp3ディレクトリーに変更して、 あと、streamsicle.host にhost名を入れます。 私の環境だと、ウィンドウズメディアプレイヤーでは駄目で、WinAmpで行けました。

PHPアクセラレータの導入

ちょっと早くなるらしい http://www.php-accelerator.co.uk/download.php にて、自分の環境に合致したinux (Intel)4.2.1 1.3.3r2を入れる。

php_accelerator-1.3.3r2_php-4.2.1_linux_i686-glibc2.1.3.tgz

を解凍して、ルートになったあと、/usr/lib/php4に、php_accelerator_1.3.3r2.soを入れる。 /etc/php.iniの最後の行に、

zend_extension="/usr/lib/php4/php_accelerator_1.3.3r2.so

を追加して、httpdをリスタートする。

MRTGのインストール

こうなる

~/user/public_html/毎に使う

httpd.confの300行目くらいにこのような記述があるので、以下の部分をコメントアウトする。

<Directory /home/*/public_html>
AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
Options MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec
#    <Limit GET POST OPTIONS PROPFIND>
#        Order allow,deny
#        Allow from all
#    </Limit>
#    <Limit PUT DELETE PATCH PROPPATCH MKCOL COPY MOVE LOCK UNLOCK>
#        Order deny,allow
#        Deny from all
#    </Limit>
</Directory>

403 Forbidden" messageが出る場合は、/usr/のパーミッションをdrwx------をdrwxr-xr-xに変えると見えるみたい。

phpを使う

Vineには標準ではPHPは入ってなかったみたい。/etc/apt/sources.listの

rpm     http://www.ring.gr.jp/pub/linux/Vine/apt 2.6/$(ARCH) main plus plus-noarch
rpm-src http://www.ring.gr.jp/pub/linux/Vine/apt 2.6/$(ARCH) main plus

をコメントアウトして

#apt-get update
#apt-get install php

を実行するとphpがインストールされる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:23 (784d)