#blog2navi()

CSLオープンハウス行ってみた

CSLのオープンハウスに行ってみた。シンポジウムを聞きに行った。
コンピュータの未来よりも、コンピュータを利用することで諸科学がどの様に発展するかという点に力点があるように感じた。
特に、脳・認知科学の分野の面白い話が色々と聞けた。
確率が一緒なのに、自分が選択できるだけで人々はそのゲームに参加する確率が飛躍的に高まるって言う話は、結構面白いと思ったし、ゲームを作るうえでも参考になる話だ。
身体のオーナーシップの話と、エージェントとしての身体の話は、身体の拡張を考えるうえで必須になるだろう。
下条さんがデモをしていたある部分を変化させた場合、多くの人は気づかないって言うのは、結構面白い。人の視覚って日常生活ではそんなに精査して無くて、集中した瞬間にものすごい量の演算を行うのだろう。

Category: [学会] - 2005-06-08 22:49:54

&blog2trackback();

#blog2navi()


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (1725d)