雑記帳

600万円の絵画すり替え、誰も気づかず。 神奈川県庁の踊り場で 神奈川県庁(横浜市中区)に展示されていた、神奈川県平塚市在住の画家工藤甲人氏の 日本画(時価600万円相当)が、素人が描いたと思われる水彩画にすり替えられていたことが 20日、県文化課などの調べで分かった。 なくなったのは、縦約40セチ、横50センチの「作品」という日本画。県が1981年に工藤氏本 人から50万円で譲り受け、今年4月から新庁舎3―4階の階段踊り場に展示していた。 県によると、19日午後4時50分ごろ、踊り場を通りかかった県庁舎管理課の職員が、絵画が 違っていることに気付いた。 新庁舎には、ほかに20点の絵画が展示されていたが無事だった。すべての絵画は壁に取り 付けたフックに掛けてあり、簡単に取り外すことができるという。 県文化課の小林賢課長は「安易な展示方法だったと反省している。今後、考え直したい」と 話している。

  • 誰も素人の水彩画と区別が付かないならどちらでも良いじゃん。600万円だからありがたいのか?美術品の値段って?

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (1021d)