雑記帳

  • リストラと能力主義 森永卓郎 講談社現代新書 リストラが、実際は、生産性の向上を意味せず、会社内の役員、人事、企画部が権力を掌握するために行っているというのが彼の主張。 役員会の解散、人事企画部の整理、現場への権限委譲がキーだそうだ。 しかし、彼はのんきに知的創造社会って口にするけど、それが産業の牽引役になることは無いのじゃないだろうか。音楽家とか、単に技術が上手いだけじゃなくて他の人間と異なるが故に、彼らは存在できるのだから。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (907d)