雑記帳

2chより  それから、ずいぶんと時間が経って、大阪の池田小学校の児童殺傷事 件が起こった。そして宅間容疑者が逮捕された。新聞やテレビ報道を通 して宅間容疑者のプロフィールを知ったとき、私はなぜか即、映画「ア メリカン・サイコ」を思い出していた。

 似ているのだ。もちろん宅間容疑者は「アメリカン・サイコ」の主人 公のようにヤッピーなわけではない。お金を持っていたわけでもない。 だけど、似ているのだ。その虚無の有り様がとても似ているのだ。

 現在、宅間容疑者は「死刑にしてほしい」ということを述べているら しい。

 「アメリカン・サイコ」の主人公は、自分の弁護士に「俺は人を殺し た、何人も殺したんだ。俺は人殺しなんだ」と自供する。でも、弁護士 は全く聞く耳を持たない。「何をバカなことを言ってるのだ」と取り合っ てもらえない。そして、殺人現場のマンションからはいつのまにか死体 が消され、血まみれの壁は何者かによって改装されている。世界は彼を 罰しない。

162 名前:名無しさん@4周年 投稿日:03/09/24 08:36 ID:o7sb30Nf

150-153 そんな風にしかものを見られないんだね。可哀想に…… どんな家庭環境で育ったか知らないが君達の方が可哀想だ。

163 名前:名無しさん@4周年 投稿日:03/09/24 08:37 ID:Fnfw8yKm  どのような権力からも罰せられることはない主人公は、自分が生きて いると感じることができない。深い絶望。彼は生きたまま死んでいる。

 誰によっても裁かれることのない自分。何をしてもヤリ放題の自分。 そうなったとき、人は何を思うのだろうか。

 宅間容疑者も、過去に彼の罪は「精神病」であることを理由に許され たかに見える。実際は、許されたわけではない。ただ「裁き」からはず されたのだ。

 宅間容疑者は「精神病であれば何をやっても罪にはならない」と、知 人に語っていたそうだ。

 本当に宅間容疑者は「精神病のように振る舞おうとした」のだろうか。 でも、そもそも彼を「精神病」としたのは彼自身ではない。病院という 権力だ。

 本当は自分より強い何者かから、人間として罰せられたかったのじゃ ないか。裁きからすらはずされたことで、より強烈な空虚を感じていた のじゃないか。自分が正気なのに罰せられないとするなら、それは自分 の存在が認められていないからだ。見えているのに透明人間のように扱 われていると、心は自分からますます乖離していく。

 心が肉体や存在から乖離してしまうと、心は生きる力を失い、妄想と いう自己発電装置が作動する。でも妄想によって供給されるエネルギー は、なぜか死へと向かうのだ。

 もし自分以外の誰かが「お前は精神の病気だから、お前にはお前の人 生における責任能力がない」と言ったら、私は「冗談じゃない」と思う だろう。もしかしたら宅間容疑者もそう言いたかったのではないか。 「俺は正気で人を殺すことができるのだ」と。それが俺だ。だから死刑 にしろ、と。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:23 (787d)