書評

書名おたく少女の経済学一章おたくのイベントって何?
副題コミックマーケットに群がる少女たち二章ジャンルによっておたく気質はどう違うか
著者荷宮和子三章オリジナリティは無条件に「偉い」のか
出版社廣済堂四章同人誌と商業誌を隔てるのは資本の論理だけなのか
五章おたくはボリュームゾーンをリードする

おたく論を扱った蔵書そのものが結構少ないですが、その少ない中でもきわめて一方的な視点やそもそもおたくをよく調べてなくて書いたような記述の本をよく見かけます。本書はそのようなお寒いおたく論業界(そんな業界あるんかい)にあって、きちんとおたくというものに光を当てて書いている本だといえます。特に今までほとんど無視されていた女の子のおたくについてきちんと書いています。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:23 (817d)