雑記帳

生(せい)の生(なま)の感触ーデータベース社会ー物語として補完することなしに成立する社会 ボルタンスキー 記憶を巡るポートレート

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。 どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。 何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく 「どうすればいいの?」って聞いてきたが 「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。 さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。 そしたら「・・・ごめんね」と一言。 そんな母が先日亡くなった。 遺品整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら 俺の寝顔が写ってた・・・涙が止まらなかった。

5年程前、実家のゲーム好きの母親が急病で亡くなった。 葬式を済ませ、四十九日を迎えて姉が俺にくれた 「ワンダープロジェクトJ」。

自分の住まいに戻って、電源を入れると 育ての親が母親の名、ロボットに俺の名前でデータが 残っていた。

母親の死に立ち直れなかったのもあって、声出して泣いた。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:23 (787d)